So-net無料ブログ作成

辻栄蔵*谷川里江が優勝!若松競艇場:企画レース夜王第4弾「マクール杯争奪男女W優勝戦」 [競艇レース結果]

若松競艇場パイナップルナイター2015年企画レース第4弾は、「マクール杯争奪男女W優勝戦」です。人気の男女W優勝戦が開催されました。

男女別で4日間の予選・準優勝戦・優勝戦を実施する今節も、いよいよ優勝戦が行われました。

まず男子優勝は見事な逆転で辻栄蔵(広島)でした。
女子はイン逃げで谷川里江(愛知)が優勝でした。
優勝戦終了後、珍しいペアボートによる2人での、ウイニングランも行われた若松競艇場「マクール杯争奪男女W優勝戦」でした。


スポンサーリンク







11R「マクール杯争奪男女W優勝戦」男子優勝戦結果



枠番 登録番号 選手名 級別 支部  年齢  進入  ST  着順
1号艇 3654 武田 光史 A1 福 井 41歳   1   0.10  2  
2号艇 4566 塩田 北斗 A1 福 岡 27歳   2   0.19  6
3号艇 3719 辻  栄蔵 A1 広 島 39歳   3   0.29  1 抜き
4号艇 4471 新田 泰章 A2 広 島 27歳   4   0.19  5
5号艇 3842 星野 太郎 A1 三 重 38歳   5   0.19  3
6号艇 4049 高沖 健太 A1 三 重 34歳   6   0.21  4

 2連単 3-1 540円  3連単 3-1-5 2,160円

優勝戦の進入は枠ナリ3対3の123/456でスリットに向かいました。
スリットでは、3号艇辻栄蔵(広島)が大きく遅れています。辻ファンからは悲鳴が上がるスリットでした。
ところが、迎えた1マークでは1艇身近く後ろから辻が握って回ると、バックストレッチでは逃げた1号艇武田光史(福井)に外から肉薄するではないですか。
2マークで先行する武田に対して、狙いを定めた角度の良い差しを入れて来た辻栄蔵がホームストレッチでは内から並んで交わしました。
スリットから1マークを回った時点では、武田が優勝とほとんどの人が思ったはずです。この大逆転劇は本当に凄い事でした。

優勝した辻栄蔵は今年初優勝、なんと2014年4月以来久しぶりの優勝でした。
通算67回目の優勝おめでとうございます。


スポンサーリンク








12R「マクール杯争奪男女W優勝戦」女子優勝戦結果



枠番 登録番号 選手名 級別 支部  年齢  進入  ST  着順
1号艇 3302 谷川 里江 A1 愛 知 47歳   1   0.18  1 逃げ
2号艇 3645 淺田千亜希 B2 徳 島 42歳   2   0.27  2
3号艇 3999 大瀧明日香 A1 愛 知 35歳   3   0.21  3
4号艇 3474 松瀬 弘美 B1 静 岡 44歳   5   0.22  4
5号艇 3993 永井 聖美 A1 東 京 36歳   4   0.23  6
6号艇 3894 池田 明美 B1 静 岡 38歳   6   0.19  5

 2連単 1-2 290円  3連単 1-2-3 610円

女子優勝戦の進入は、ピット離れで4号艇松瀬弘美(静岡)が遅れて5号艇永井聖美(東京)が一つ内に入り123/546の隊形になりました。
スリットから、イン1号艇谷川里江(愛知)が他艇を圧倒しました。トップスタートから迎えた1マークでは捲る3号艇大瀧明日香(愛知)を問題にせず、バックストレッチではトップ一人旅でした。
2着には小回りで、バックストレッチ伸びた2号艇淺田千亜希(徳島)、3着には捲って行った3号艇大瀧明日香が入着する本命レースでした。

優勝した谷川里江は今年2回目・通算では区切りの40回目となる優勝でした。
また若松競艇場男女W優勝戦は連続優勝としました。おめでとうございます。

スポンサーリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。