So-net無料ブログ作成

辻栄蔵が痛恨のフライング:SGダービーを棒に振る!児島競艇場「スポーツニッポン杯」3日目 [競艇レース結果]

2015年7月5日開催3日目の児島競艇場「スポーツニッポン杯」の11Rで、SG宮島グラチャンで優出し3着と地元の意地を見せた辻栄蔵(広島)が、痛恨のフライングに散りました。


スポンサーリンク








9月20日が最終日のGⅠ桐生周年のあっせんが入っており、10月20日開幕予定のSG浜名湖ダービーはフライング休みにかかるため、出場できなくなってしまいました。

獲得賞金ランキング8位まで順位を上げて、年末のグランプリ出場を狙う辻栄蔵にとっては、SG戦に出場出来ない本当に痛いフライングとなりました。

今節の児島競艇場スポーツニッポン杯は、辻栄蔵の他にも宮島競艇場のSG第25回グランドチャンピオンからの転戦者も多く強力メンバーでの戦いを展開していました。

主力選手は、地元の吉田拡郎(岡山)、井口佳典(三重)、平本真之(愛知)らのSG転戦メンバーでした。


スポンサーリンク









児島競艇場 3日目11R結果




枠番 登録番号 選手名 級別 支部  年齢  進入  ST  着順
1号艇 3719 辻  栄蔵 A1 広 島 40歳   1  +0.03  フライング返還
2号艇 4090 中村  尊 A1 埼 玉 34歳   2   0.03  4
3号艇 4713 白神  優 B1 岡 山 24歳   3   0.04  5
4号艇 3823 本部 真吾 A2 三 重 42歳   5   0.06  1 恵まれ
5号艇 4235 進藤  侑 A1 群 馬 31歳   4   0.13  3
6号艇 3736 岡本  猛 A2 大 阪 41歳   6   0.16  2

 2連単 4-6 6.860円  3連単 4-6-5 14.480円


3日目の前半戦までで、1・5・2・1着としていた辻栄蔵が、ここは1号艇で人気も集め1着をとりに行くレースでした。
スタートタイミングが、ここまでの4走が05・27・09・05と5着としたレース以外は全てゼロ台に突入していました。
インから残念ながら+0.03という痛恨フライングでした。


スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。