So-net無料ブログ作成

G1・近畿地区選手権は吉川元浩が制す!尼崎競艇場:最終日 [競艇レース結果]

スポンサーリンク








各地のG1地区選手権が行われている2月です。
2016年2月11日3番目の地区選手権の優勝戦は、近畿地区選手権でした。強豪メンバーが揃う近畿地区選手権を見事に制したのは、シリーズリーダー地元の吉川元浩(兵庫)でした。

関東地区選手権の桐生順平(埼玉)、四国地区選手権の三嶌誠司(香川)に続いての地区選手権優勝を飾りました。


G1近畿地区選手権優勝戦結果



枠番 登録番号 選手名 級別 支 部 年齢  進入 ST  着順
1号艇 3854 吉川 元浩 A1 兵 庫 43歳   1  0.17  1 逃げ
2号艇 3654 武田 光史 A1 福 井 42歳   2  0.21  4
3号艇 3795 金子 龍介 A1 兵 庫 43歳   3  0.19  5
4号艇 4044 湯川 浩司 A1 大 阪 36歳   4  0.22  6
5号艇 3577 向所 浩二 A1 兵 庫 43歳   5  0.13  2
6号艇 3415 松井  繁 A1 大 阪 46歳   6  0.33  3

 2連単 1-5 1.090円  3連単 1-5-6 3.810円

スポンサーリンク








進入に動きは無く枠ナリ3対3の123/456でスリットに向かいました。5号艇向所浩二がチルトを+0.5に跳ねて勝負を賭けていました。
トップスタートから締めにいきますが、4号艇湯川浩司の抵抗に合い引いての差しになりました。このスキにイン1号艇吉川元浩が1マークを先マイから先行しました。

2番手には5号艇向所浩二が追走、3番手を2号艇武田光史と6号艇松井繁が競り合いましたが、松井繁が最後には3着を獲りました。

優勝した吉川元浩は、この優勝で3月のSGクラシック出場のキップを手にしました。おめでとうございます。



スポンサーリンク







タグ:競艇 地区 吉川
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。