So-net無料ブログ作成

山崎智也がドリーム制す!茅原悠紀は11R大逆転負け!SG第26回グランドチャンピオン初日:蒲郡競艇場 [競艇レース結果]

スポンサーリンク








2016年6月21日蒲郡競艇場では、SG第26回グランドチャンピオンが開幕しました。

SGの中のSGと言われるだけあって、凄い攻防の連続でした。その中でも11Rでは6号艇ながらトップを走っていた茅原悠紀(岡山)が、最終2マークで篠崎元志(福岡)に逆転される珍しい事が起こりました。津周年では最終マークでトップを走る新田雄史(三重)に逆転勝ちした茅原悠紀ですが、今回は篠崎元志にやられてしまいました。
このレースのように最終2マークを回りゴールするまで結着が着かないSG競走は手に汗握る興奮があります。

さて、注目の12Rドリーム戦は1号艇の山崎智也(群馬)がインから逃げ切り制しています。


スポンサーリンク








SG第26回グランドチャンピオン初日ドリーム戦結果



枠番 登録番号 選手名 級別 支 部 年齢  進入 ST  着順
1号艇 3622 山崎 智也 A1 群 馬 42歳  1  0.14  1 逃げ
2号艇 3415 松井  繁 A1 大 阪 46歳  2  0.19  3
3号艇 3556 田中信一郎 A1 大 阪 43歳  3  0.10  4
4号艇 3941 池田 浩二 A1 愛 知 38歳  4  0.05  2
5号艇 4320 峰  竜太 A1 佐 賀 31歳  5  0.11  5
6号艇 4238 毒島  誠 A1 群 馬 32歳  6  0.07  6

 2連単 1-4 460円  3連単 1-4-2 1.200円

おっちゃんの予想が珍しく当たりました。
枠ナリ3対3の123/456でスリットに向かいますが、内の2艇が遅れ3コース3号艇田中信一郎、さらにカド4コースの4号艇池田浩二がスタート先行から攻めていきますが、インからなんとか残した1号艇山崎智也が池田浩二の攻めをしのぎトップでドリーム戦を制しました。

惜しくも池田浩二が2着とし、2号艇松井繁が田中信一郎の執拗な追いをしのぎ切り3着としています。

スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。